創作曲 10作品の進行状況


by spflag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
現在のプレイ状況。
e0191951_22521358.png


プレイ時間:4か月ほど経っていると思う
レベル:108
ランク:46
職業:クレリック

武器
 コラボ武器がなぜか物理寄り
 魔力6K超は、この聖火のみ
 物理6Kも1つしかない

防具
 兜、鎧ともにコストが100弱のため
 防御が今一つ
 ボカロ防具にはお世話になってる
 (SSRなのに)

モンスター
 これがベストメンバー
 闇アイゼンと水セイレーンは
 両方+99で完全強化済み
 風属性に強いのがいない

ギルド
 昨日、放浪の旅に出る
 2か月前くらいまでは、真面目に参加していたのだが・・・



上級クラスはどうしようか迷っている
熟練度が貯まってからでもいいんだが
(初級クラスのスキルはすべて埋まっている)

最近は起動率が低下気味。
何かきっかけがあれば・・・
[PR]
# by spflag | 2016-11-25 23:07 | 携帯アプリゲーム | Comments(0)
ここまでのアーカイブ進行状況



プレイ時間:39時間32分
貝割り回数:1432回
シェルアーマー:10
貝がらの帽子:13
水かき:9
白い水着:1
エッグ:ライフ、クラスター、カオスの最強化

~白い水着と同じ確率のアイテム~
斬馬刀:1
キラーニードル:2
祈りの杖:0
バタフライナイフ:1
クレップの大鎌:0
黒水晶の弓:0
[PR]
# by spflag | 2016-10-31 22:43 | グランディア XTREME | Comments(0)
ブログタイトルを、FIELD OF BLUE ~ふぃーと8つの分岐~から
DX為ふぃーBARに変更しました。

ちなみに「でらためふぃーばー」と読みます。

デラックスなくらいにためになる、という意味の「でらため」です。
「でたらめ」をアナグラムしたわけではないので。

理由
[PR]
# by spflag | 2016-10-24 00:38 | その他 | Comments(0)
とりあえず更新しておきましょう。
今の状況は・・・



土竜の巣(マツタケ狩り)
 貝割りついでにエッグ強化中。
 エッグが安定化次第、再開することに。

炎雲の目
 とりあえずマツタケ狩りをしていたら、レベル17になっていた。
 フレアオーガを狩るには、まだ時期が早すぎるのでボス直行。
 火耐性と硬気功のおかげで、あっさりとノーダメ討伐。

 エッグはボムとスター、メテオプリッツが最強化していた
 フォレストも2個持たせたが、まったく出番がなかった

波頭の源(貝割り)
 帰還地点のジオゲートだけ解放し
 (スタート地点のゲートは、開けずともマップからすぐである)
 優良お宝8個を巡る。

 アドバンストブックやエッグが安定してきたら
 マツタケ狩りを再開させる。



~INFOMATION~
デュラムタウロスから生命の種獲得
貝割り23回目、初の貝がらの帽子獲得
[PR]
# by spflag | 2016-09-25 21:25 | グランディア XTREME | Comments(0)
PS3が出現したので
水着クエスト+αは、しばらくお休みに。

ということで、クエストを改めて確認。


~メインクエスト~
1:高級マツタケを100個回収
2:白い水着を100個回収
3:16種類のエッグを完全体にする

~サブクエスト~
1:二章開始までに「???」をする
2:ティト抜きでスパイダーサーベルを100個回収
3:水遺跡で白い水着を手に入れる
4:精霊の兜を100個回収
5:所持金をカンストさせる



このクエストは、すべて一章のものです。
二章以降でのメインイベントは受け付けません。

サブ1は、PS2で進行中。
コンボカンストとドラゴンワンド20個、どっちが骨が折れるだろうか?



さて、PS3(以下、アーカイブ)では
いつもの縛りプレイをやろうと思いますが
今回は、必殺技縛りを外し(←一応まだ使ってない)

ジオゲート縛り

・・・を発動しようと思います。

使えるジオゲートは
・ボス近くにある直通のもの
・混沌の回廊(帰還のみ、ただし100Fのものは除く)
この2種類のみで、ロッカから行けるジオゲートは
使用禁止とさせていただきます。

しかし、これでは貝割りができないので
二章からの発動とさせていただきます。
ただし、貝割りエリアのみとなります。
[PR]
# by spflag | 2016-09-06 15:16 | グランディア XTREME | Comments(0)